江東電気の会社案内についてのご紹介ページです。

  • JAPANESE

  • お問い合わせ

HOME >企業情報

代表挨拶

皆様、江東電気株式会社のホームページにお立ち寄りいただきましてありがとうございます。
弊社は1947年(昭和22年)創業の各種ランプ及び気密端子の製造販売会社です。
照明本部ではランプのみならず、電源・照明装置についても供給をしており、世界市場でのシステムサプライヤーを目指しております。
気密端子本部では水晶振動子のパッケージを始め、ガラスと金属の封止技術を生かした製品の開発製造に励んでおります。
当社では、2005年に中国の河北省唐山市に製造拠点を設えました。製造原価の引き下げと中国市場での拡販を意図した製造と営業の拠点です。今ではその成果が現れ、価格競争力を利用し市場占有率の拡大を図っており、又中国内でのスタジオランプと集魚灯製品の営業拠点として中国での売上拡大に結びついております。
新規事業として、近年めっき技術の向上に力を入れてきた結果、世界初の紫外線(UV)を利用した樹脂めっきとUV照射装置、薄いガラスシートへの直接銅めっきへの引き合いが、回路基板・通信部品・通信アンテナ・光学センサー・タッチパネル等の用途で、デバイスやガラスメーカーから来ており、新しい事業展開を進めております。
「新しいアイデアで世界の需要を開く」を基本理念として、100億円企業を目標に事業拡大を進めてまいります。

代表挨拶
江東電気株式会社
代表取締役社長 原田 進

社是

業界をリードする企業を目指す

経営理念

1. 良い商品・サービスで社会に貢献する
2. 利潤を上げ地域・国家に貢献する
3. 取引先と共に繁栄する
4. 株主の期待に応える
5. 社員のやりがいを追求する
6. 地域・地球環境と共存する

会社概要

本社 〒110-0012
東京都台東区竜泉2-17-3
TEL. 03-5808-1755 / FAX. 03-5808-1760
代表者 原田 進
設立 1947年 8月
資本金 9700万円
自己資本 17億円
総工場規模 敷地 29,761m2 / 建物 9,633㎡
事業内容 撮影照明用、漁船集魚灯及び、高輝度照明用電球の製造販売
時計用水晶振動子及び、各種電子機器用気密端子の製造販売
航空機用表示ランプ及び、光学フィルターの製造販売
従業員 169名(2020年3月末)
売上高 37.38億円(2020年3月末)
主たる取引銀行 三井住友銀行 錦糸町支店
三菱UFJ銀行 駒込支店
役員 代表取締役社長 原田 進

取締役副社長
原田 慎二(照明本部 本部長)

取締役
鬼武 重雄(気密端子本部 本部長)

執行役員 石川 宣正(本社 財務企画部 部長)

執行役員 小山 和彦(江東電気(唐山)有限公司 総経理)

執行役員 濱田 一之(照明本部 副本部長)

執行役員 村木 義孝(気密端子本部 管理部 部長)

執行役員 内田 大祐(照明本部 LED開発部 部長)

監査役 岡本 明

会社沿革

1947年 東京都江東区深川に江東電気株式会社本社及び工場を設置し、映画撮影用大型電球の製造を開始。
1956年 トランジスター及び整流器用気密端子(ハーメチックシール)を開発し、製造を開始。
1957年 事業拡張のため、東京都北区赤羽に本社及び工場を移転。
1961年 電子部品の大量生産と特殊大型電球の輸出増大に伴い、浦和工場を新設。
1965年 気密端子製造工場として、東京都北区浮間に江進電器株式会社を設立。
1966年 本社・本店を東京都文京区駒込に移転し、製造部門全部を浦和工場に移転。
1970年 江進電器株式会社を川口市青木に移転し、更に熊本県菊池市に九州江東電気株式会社を設立。
1974年 水晶振動子用気密端子の開発と製造を開始。航空機用表示ランプの開発に着手。集魚灯ハロゲンランプを開発し、製造を開始。
1976年 漁業用ハロゲンランプの開発製造による販売量の増大に対応するため、オーシャンランプ株式会社を設立。
1977年 江東電気㈱、江進電器㈱、九州江東電気㈱の三社を合併して,それぞれを本社、浦和工場、川口工場、熊本工場とする。
1979年 メタルハライドランプを開発し、製造を開始。
1983年 映画スタジオ用20kwハロゲンランプ及び水中用メタルハライドランプを開発し、製造を開始。
1987年 コンパクトアーク・メタルハライドランプを開発。気密端子の海外営業部門を独立して株式会社ワコーを設立。創立40周年記念式典を行い、併せて資本金を7200万円に倍額増資する。
1988年 光計測機器分野での新技術、分光分析光源の市場ニーズに対応して、江東分光源株式会社を設立。株式会社オーシャンランプをコートールミナス株式会社へ社名変更。
1989年 分光分析光源の開発製造のため、茨城県猿島郡三和町に茨城事業所を新設。
1997年 米国ADLT社との合併会社化を機にコートールミナス株式会社をベンチャーライティング株式会社へ社名変更し、店舗用照明の製造・販売を開始する。業務拡張のため管球事業部浦和事業所を茨城事業所へ移転、更に気密端子事業部川口事業所を浦和事業所へ移転する。
2001年 米国GEライティング社と米国、欧州地域での独占販売供給契約を締結。このため米国現地法人コートーコーポレーションは閉鎖。ISO9001認証取得(気密端子)
2003年 ISO14001認証取得(気密端子表面処理グループ川口事業所)管球事業部の国内営業部門を分離して「コートーライティング株式会社」を設立。ベンチャーライティング(株)を「コートールミナス株式会社」に社名変更。
2005年 江東電気(株)とコートールミナス(株)が合併。中国河北省唐山市に江東電気(唐山)有限公司を設立。
2009年 江東電気㈱とコートーライティング㈱が合併。本店登記を埼玉県さいたま市から東京都台東区へ移転。
2018年 米国ロサンゼルス ハリウッドに現地法人KOTO Electric North America, Inc.を設立。
2021年 浦和工場を川口工場へ移転。

拠点紹介

拠点紹介
本社・東京事務所 ・本社
〒110- 0012
東京都台東区竜泉2- 17- 3
TEL. 03- 5808- 1755 / FAX. 03- 5808- 1760
・東京事務所
TEL. 03- 5808- 1850 (ステージ・スタジオ部門(国内))
TEL. 03- 5808- 1912 (ステージ・スタジオ部門(国外))
TEL. 03- 5808- 1913 (産業・施設部門)
TEL. 03- 5808- 1911 (海洋部門)
FAX. 03- 5808- 1910 (営業共通)
◆ 詳細・アクセスマップ(クリックで表示)
交通機関:東京メトロ日比谷線三ノ輪駅より徒歩7分
入谷駅より徒歩8分
川口工場 〒332- 0031
埼玉県川口市青木4- 14- 2
TEL. 048- 255- 5211 / FAX. 048- 256- 5623
◆ 詳細・アクセスマップ(クリックで表示)

交通機関:JR川口駅より車で10分

国際興業バス「青木会館入口」より徒歩7分
JR西川口駅より車で10分
国際興業バス「青木中学校」より徒歩6分

熊本工場 〒861- 1309
熊本県菊池市藤田988
TEL. 0968- 25- 4144 / FAX. 0968- 25- 4145
◆ 詳細・アクセスマップ(クリックで表示)
交通機関:熊本空港より車で30分
茨城工場 〒306- 0111
茨城県古河市大和田1279- 2
TEL. 0280- 76- 8710 / FAX. 0280- 76- 8715
◆ 詳細・アクセスマップ(クリックで表示)
交通機関:JR古河駅より車で25分
江東電気(唐山)有限公司 ◆ 詳細はグループ企業を参照

グループ企業

江東電気(唐山)有限公司

江東電気(唐山)有限公司は江東電気株式会社の独資企業として2005年12月13日唐山市高新技術開発区に設立しました。
製造工場の建屋は第一工場と第二工場から成っており、第一工場では主に漁船集魚灯・スタジオランプの製造で行なっております。また、各種めっき設備を有しております。第二工場では水晶振動子、各種電子部品用ハーメチックシールの製造を行なっております。

ホームページはこちら
所在地 河北省唐山市華岩北路287号
TEL. 0315-3852233 / FAX. 0315-3856979
代表者 董事長 原田 慎二
総経理 小山 和彦
設立 2005年12月13日
資本金 5,900,000$
総工場規模 敷地:18813㎡、建設面積:9207㎡
事業内容 水晶振動子と電子部品用の気密端子の製造、販売。
漁船集魚灯の製造、販売。
スタジオランプの製造、販売。
従業員 237名(2018年12月末)
売上高 9441万元(2018年12月末)
経営理念 良い商品、サービスで社会に貢献する。利潤を上げ地域、国家に貢献する。取引先共に繁栄する。
株主の期待に応える。社員のやりがいを追及する。地域、地球環境と共存する。
マネジメントシステム規格 ISO9001(2015年取得) 
役員
董事長 原田 慎二
総経理 董事 小山 和彦
副総経理 董事 李 国鋼
副総経理 董事 王 衛東
董事 原田 進
董事 鬼武 重雄
董事 石川 宣正
董事 余 耀